« 北海道中央労災病院と岩見沢市立総合病院が統合へ令和9年4月に | トップページ | かわい清秀議会便り 7号発行 »

2021年7月15日 (木)

岩見沢市で2万6千人に影響、ワクチン供給目処立たず

予定していたワクチン接種券の発送を一時停止

大規模接種を10月以降に延期

岩見沢市は 7 月以降に国から供給される新型コロナウイルスワクチンの配分量が大幅に減らされることから、当初に予定していたとおりのワクチン接種が困難となった。8 月、9 月に予定していた、大規模接種を 10 月以降に延期すること。

さらに、予定していた接種券の送付について変更せざるを得なくなった。

約2万6千人に影響

このために影響を受ける市民は55歳未満、その数は26,024人となる。

岩見沢市は全市民を対象に既に、接種券を発送する日程・手続きを全て完了していた。

しかし、国から供給されるワクチンが極端に減少することにより、発送日程の変更をせざるを得ない状態となった。

市民の安全安心を願う者として国の無責任なワクチン供給体制に猛省が必要と思う。

 岩見沢市の接種券の発症時期予定  右今回影響を受ける人数
1_20210715152801


 岩見沢市のワクチンの供給見込み

1_20210715152802


|

« 北海道中央労災病院と岩見沢市立総合病院が統合へ令和9年4月に | トップページ | かわい清秀議会便り 7号発行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道中央労災病院と岩見沢市立総合病院が統合へ令和9年4月に | トップページ | かわい清秀議会便り 7号発行 »