« どうして直らないのか、岩見沢市の体質 その3 | トップページ | 岩見沢米飯給食異物混入経過 »

2017年7月20日 (木)

続く 学校給食 米飯製造過程での異物

         
      1学期終了まで間に合わないのでは?

米飯にカビが混入した市内の学校給食の代わりに、家庭から米飯を持参しなければならなくなった岩見沢市の学校給食、依然として 米飯を持っての登校は解消されないようだ。
 どうしてこの様なことになったのか抜本的な解決策が必要だ!

 18日朝刊と20日の朝刊の報道を以下に載せます。

画像
 

画像
      
         
                

      

                    

|

« どうして直らないのか、岩見沢市の体質 その3 | トップページ | 岩見沢米飯給食異物混入経過 »