« 続く 学校給食 米飯製造過程での異物 | トップページ | どうなるのか米飯給食 »

2017年7月27日 (木)

岩見沢米飯給食異物混入経過

まだ解決せず、2学期へ持ち越しへ

 市内小中学校19校の児童生徒が白飯を持参して登校が続くのかどうかが保護者の重大関心事となっています。

 ある保護者はいつから給食で配食されるか見通しが立たなくては、米の消費量の見通しが立たない。と嘆いているのが現状です。

 解決するかと心待ちにしていたが2学期からもどうなるかについての言及はなかった。

変化があれば、連絡網で連絡が来る。 学校から知らされたことは連絡網での連絡待ち。ということ。

21日からの道新報道を掲載します。

Photo

Photo_2

|

« 続く 学校給食 米飯製造過程での異物 | トップページ | どうなるのか米飯給食 »