« もっと活用を考えたい岩見沢消流雪用水導入事業 | トップページ | 立起表明の記者会見を行います »

2012年7月18日 (水)

かわい清秀連合後援会臨時総会開催

市長選挙へ向け体制を整える

かわい清秀連合後援会は17日臨時総会を開催し

岩見沢市長選挙に向けた当面のとりくみ

後援会役員の補充を行い、総会協議事項は満場一致で採択されました。

画像


私かわい清秀は

これまでの活動の中で市民の皆さんから市長選挙に出てほしいという声が日増しに高まってきま来たこと。

多くの市民から岩見沢を何とかして欲しいという声を、現状を無視することが出来なくなったこと。
民主党、連合に対しても手順を踏んで来たこと。

24日から出馬要請をいただた今日までの間多くの人々に出会いよく決断した、有難う、頑張っていこう、との激励の声を頂たこと。

今でも、岩見沢を何とかして欲しいと願う市民の声が響きます。等々を挨拶で述べました。

この10年間政治に向き合って来ました。
特に道議時代の4年道議としての経験を市政に生かします。
財政問題の研究も進めてきました。
道内外の市や町を巡り岩見沢を外から眺めて参りました。
市の発展のために道議時代の経験と人脈を活用します。
等々お話ししました。

17日渡辺市長が辞職届を提出する予定でした。しかし渡辺市長は一転提出を取りやめたため私の立起表明の記者会見を延期することとなりました。
一気に活動を進める予定でしたのに出鼻をくじかれました。

めざすは市民参加型の市長選挙です。多くの市民の力で市政を変えていきましょう。

画像

|

« もっと活用を考えたい岩見沢消流雪用水導入事業 | トップページ | 立起表明の記者会見を行います »