« 東北地方太平洋沖地震について  | トップページ | かわい清秀を激励する集いの中止について »

2011年3月19日 (土)

東北地方太平洋沖地震日高地方を被害調査

地震被害、浦河港、様似ソビラ荘を調査

特養ソビラ荘職員の皆さんの献身的な行動を賞讃します

3月18日8時岩見沢を出発11時40分日高振興局着

Dsc071741

日高振興局での被害の説明を受ける

浦河港で津波被害の様子をその痕跡から調査

その後様似港へ 振興局の説明を受けました

Dsc072261

Dsc072651

水がここ迄きていました

特養ソビラ荘の避難先様似禰サービスセンターに向かい
振興局担当者から説明を受けました

ソビラ荘からの避難の方々の様子を見学

避難先なのでストレスも発生していますとの事です

避難訓練では30分かかったそうですが
今回の津波では20分で避難できたので入所者には被害が出なかったそうです
入所者のが無事避難出来たのは
職員の皆さんの献身的な努力で助かったのだと思います。
そのために職員の殆どの車が津波の被害を受け使用不可能になりました。

Dsc073071

室内はきれいに掃除されており、一ヶ月でまたソビラ荘は再開される事になっています

|

« 東北地方太平洋沖地震について  | トップページ | かわい清秀を激励する集いの中止について »