« 保険福祉委員会道内調査最終日(5月27日) | トップページ | 平成22年度北海道社会福祉審議会定例会に出席 »

2010年6月 3日 (木)

鳩山首相辞任表明に思う

鳩山内閣は評価すべき事がとても沢山ある

 昨日鳩山首相の辞任表明がありました。

 何やかにやと新聞やテレビ報道が流れていますが政権交代を果たして成果主義を否定し国民の生活を第1と考えて行ってきた政策はきちんと評価すべきと考えています。

 昨年の政権交代が無ければ今頃国民の生活は非常に厳しくなっていました。

 これまで通りの自民党政権であれば保健福祉予算は毎年2千2百億円削減されていました。

 医療費、高齢者介護、生活保護母子加算が削減されたまま、父子手当、高校授業料無料化、子ども手当もありませんでした。

 さらには外務省密約の存在を明らかにした事等々があります。

鳩山政権のマイナス面ばかりが強調され報道されましたが、私はこれらの鳩山首相の功績を高く評価します。

|

« 保険福祉委員会道内調査最終日(5月27日) | トップページ | 平成22年度北海道社会福祉審議会定例会に出席 »