« 事務所移転しました | トップページ | 本会議で質問しました »

2007年6月 3日 (日)

年金不明問題

該当者不明の約5000万件金額は?

明らかにしてほしい

五千万件の該当者が行方不明になっている事が明らかになっています。しかしながら、年金保険料として納入されている金額総額を発表はしていません。

柳沢厚労相は、「時効」によって補償されなかった年金は約950億円を補償すると述べています。これは「年金時効撤廃特例法案」が成立すれば、950億円は全額補償するとし、対象者は約25万人で、1人当たり約38万円となります。

ですから5000万件を考えます。とてつもない金額になるのか見通しが立ちません。厚生労働省は責任を持ってその金額を明らかにすべきです。

そして、今そのお金はどこにあるのでしょうか。ほおってはおけない国民生活に関わる非常に重要な問題です。

|

« 事務所移転しました | トップページ | 本会議で質問しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事務所移転しました | トップページ | 本会議で質問しました »