« タウンミーテング、やらせの内容 | トップページ | タウンミーテングはすでに批判されていた »

2006年11月22日 (水)

上幌向朝街宣タウンミーテングの内容2

教育基本法改正反対!

 本日雨の中上幌向での朝街宣を行いました。上幌向の皆さん朝7時からの街宣にどしゃ降りの雨の中お集まりいただきましてありがとうございました。

 全くタウンミーテングのやらせは納得がいきません。教育の根幹に関わる、教育基本法について、国民の意見を聞くと言いながら、やらせで書かれた原稿を読み上げそれが国民の総意だ!としての教育改革と銘打っての教育基本法改正でした。

 教育基本法改正ありきで理由付けが後追いだったということです。

 さて、その後青森県では教育委員会の関係者が訓告処分になったという報道がされていますが、指示した内閣府の担当者が出世している現状を見るときこれはまたトカゲのしっぽ切りですね。

 指示したものが出世し指示に従った県教委職員が処分を受けるということも納得できません。普通は指示されたものより、指示した者の方が重い処分ですよ。

 訓告処分そのものが、処分にならないという考えもありますので、こうなったのでしょうか?

 別な角度からみますと、県教委はこのようなやらせはいけないと公に示したこととなります。指示した国側はこの問題をどう決着するのでしょうか。

 大いに期待するところがあります。

この際ですから、やらせの発言内容指示文書を下に写真でお知らせします。

11_10_1

|

« タウンミーテング、やらせの内容 | トップページ | タウンミーテングはすでに批判されていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タウンミーテング、やらせの内容 | トップページ | タウンミーテングはすでに批判されていた »