2022年10月19日 (水)

市庁舎彫像に8,000万円決算審査特別委員会で判明

安田 侃 氏の作品に8,000万円支出

Img_2928

Img_2929

多くの市民から市役所の石はいくらかかったのかと言う質問を受けました。

安田 侃さんと言う芸術家の作品でした。

それが分かったのは

決算審査特別委員会が10月18日から10月21日の日程で行われており、

昨日10月18日帳簿、証書類の閲覧の中で

新庁舎屋内設置彫刻制作 委託業務として

タック有限会社に随意契約で5,600万円の支払いがありました。

令和2年度に2,400万円を支払っているとのことですので。

合計8,000万円となります。

庁舎建設は総務分科会審査です。 私は総務に属していませんので

総務分科会での質問は出来ませんでした。

 

この件で一言

・安田侃さんの作品に対してどうこう言うつもりはありません。

 安田さんは大学の先輩、在学中に私も同じ大学の下級生でした。

 今までの作品については好意的に鑑賞させていただきました。

 安田侃さんの世界が広がるといいなと思う者の一人です。

・コロナ渦で疲弊している方々もいる中で、8,000万で購入したことについては

 正直疑問を持っています。随意契約についても同様です。

・せっかくのアイデアですがあまりに高額、市民との合意を図る手続きも必要であったと思います。

・このご時世、市民生活と密接にかかわる事に8,000万円を使って頂きたかった。

 という意見もあります。  

・たとえば芸術・文化を大切にするなら一部を郷土博物館や松島美術館に対して

 使うことが先だったような気がします。

 

 



 

|

2022年10月 6日 (木)

市長答弁なぜ岩見沢市立総合病院は午前診療なのか

岩見沢市立総合病院は南空知医療圏の地域センター病院だから午後診療は出来ないと市長答弁

第3回定例会かわい清秀の質問に市長は次のように答弁した

岩見沢市立総合病院は高度医療や救急医療小児周産期医療等を担う南空知医療圏の地域センター病院であり、限られた医療資源の中で初期診療を行った地域医療機関からの紹介患者を、いわゆるドクターTOドクターを行うことから、地域患者については外科と眼科を除き午前診療としているところでございます。
 午後につきましては開業医など他の医療機関からの紹介による予約患者の診療に加え、検査や手術などのため、新規患者の受付は行っておりません。
 しかしながら緊急患者については午後予約制としている診療科を含め24時間365日体制で診療しているところでございます。

疑問1、南空知医療圏の地域センター病院と大上段に踏み込んだ答えをしたが周辺市町からどれくらいの数が流れ込んでいるのだろうか。各市町の患者の内どれ位が岩見沢へ来てどれ位が岩見沢以外へ行っているのだろうか。

疑問2、周辺市町の自治体病院との連携役割分担はどうなっているのだろうか。
上川北部地域では地域包括ケアシステムの実現に寄与するため、地域医療連携推進法人上川北部医療連携推進機構が作られ効果を上げているのだが南空知ではどうなのだろうか。
 この点も質問したのだが連携役割分担から遠く離れたびっくりする回答だった。

疑問3,24時間365日体制で診療しているところ は本当なのか。

疑問4、市民のための市立病院か、
南空知医療圏の地域センター病院である。それにつきる。工夫が必要と私は思う。

|

2022年9月20日 (火)

かわい清秀の質問と市長答弁をお知らせします

かわい清秀の質問と市長答弁をお知らせします

令和4年第3回定例会でも一般質問を行いました。

21


初当選以来連続一般質問を続けています。

今回はとても疑問にしている市立総合病院の外来受付が出来ないことを疑問に思っていました。市民の皆さんからも午後の診察をどうして受けられないのか、と言う声を聞きます。
皆さんとも、考えてみたいと思います。

そこで、次の質問を行いました

-----------------------
1、岩見沢市立総合病院について

1)、午後予約なし外来診療受付について
・午後外来新患受付が出来ない理由について
------------------------

市長答弁はブログに記載します。

ただいま文章化中です

|

2022年9月11日 (日)

令和4年第3回定例会河合清秀の質問通告

令和4年大3回定例会河合清秀の質問通告は下記の通りです。

質問する日は9月12日(月)4人目で午後2時前後です。

 

1、岩見沢市立総合病院について

 

1)、午後予約なし外来診療受付について

・午後外来新患受付が出来ない理由について

 

2、岩見沢市新病院建設基本計画について

1)新病院開院が市民の市外医療機関入院動向に与える影響について

 ・岩見沢市外の医療機関入院者数を減少させるかどうか

 

2)標榜診療科について

・医師確保をどのように行うのか

 

3)新病院の重点医療機能について

 ・近隣市立病院との地域医療連携関係について

 

 4)駐車場計画について

 ・患者用駐車場と職員用駐車場について

 

教育長へ質問

1、いわみざわ公園 郷土科学館について

 

1)、いわみざわ公園 郷土科学館展示内容について

・展示内容、展示機器の更新予定について

 

2)、郷土科学館の改築および移設について

・改築、移設建設の予定について

 

2、岩見沢市の埋蔵文化財に対する今後の方針について

・資料の整理や今後の発掘調査計画について

 

3、岩見沢デジタルミュージアムの開設を

 ・文化財や関連資料をデジタルアーカイブ公開について

| | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

新病院建設の概要が発表されました

新病院建設の概要が発表されました。

令和4年8月25日新病院建設特別委員会が開催され 岩見沢市新病院建設に向けた取り組みが説明されました。

私は委員外議員として傍聴しました。

岩見沢市新病院建設基本計画(素案)が説明されました。この資料については

新病院建設基本計画 | 新病院建設 | 岩見沢市立総合病院 (iwamizawa-hospital.jp)

20220825plan.pdf (iwamizawa-hospital.jp)

PowerPoint プレゼンテーション (iwamizawa-hospital.jp)

をご覧下さい。

 

説明の中から 数点ピックアップ

※ 延べ床面積 40,000㎡     「現病院 本館20,617.78㎡ 新館8,985.34㎡」

※ 人員計画 必要な職員数 979人

※ 新病院建設事業 概算事業費総額344億円

※ 設計施工の特徴 

 ECI方式[基本設計・実施設計を設計事務所に発注し、並行して建設会社を施工予定者として選定し、技術協力を実施する。その後、仕様等を確定した実施設計図に基づき建設工事を発注する方式]

 

私の疑問【 人口減少が続く岩見沢市にこの様な巨大な病院が必要なのか青写真は理想的な姿を映し出せるが現実は青写真通りにはならない】

 

パブリックコメントが今日から令和4年8月25日(木)~9月15日(木) 22日間行われます。

多くの意見を届けることが大事と感じます。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

追悼海軍機搭乗員の皆様  (海軍機が陸軍の隼に撃墜された 徴兵された父の話)

私の父は徴兵された。父から聞いたホロムシル島での話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話は2017年8月にブログに投稿した記事です。しかし8月になるとこの話を思い出すのです。きっと正確には遺族関係者には伝わっていないのだろうと。撃墜された搭乗員はきっと悔しい思いで亡くなっているのだろうと。誰かが伝えなければならないとの思いで。この度再度投稿します。以下の文章は2017年8月の投稿記事そのままです、年表記と記事は当時のままです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和17年私の父は徴兵された。
行き先は。ホロムシル島だった、しかし本当の目的地はアリューシャン列島だった。

画像



ホロムシル島【幌筵島(ぱらむしるとう、ほろむしろとう)は、千島列島の北東部にある島。波羅茂知島(ぱらもしるとう)と表記されることもある。ロシア名はパラムシル島 】

となりの島では8月18日にソ連の武力攻撃により戦闘が行われた占守島(シムシュ島)、日本軍は武装解除をしていたが軍装を整えソ連軍との戦闘が行われた島である。

画像




話を元に戻す

画像



ところがアリューシャン列島のアッツ島が米軍によって占領されることによって。
北千島ホロムシル島に赴いたままだった。父の所属は陸軍工兵隊 要塞建築隊であった。

父は、徴兵されることにより人生観が変わったとよく言っていた。
神も仏もない・・・よく言っていた。

兵隊の頃の話を、私に伝えてくれた。理不尽な話が多かった。
この事についても多くの話があるが後日としたい

明治生まれの父が、年齢的には兵隊の限界を過ぎている人間が突然赤紙で徴兵されたのだから。
人生観が変わるのも当然のことであると感じている。

いずれ父のことは記録として書かなければならないと思いつつ今日まで来ている。その一部を敗戦の月の8月だから伝えようと思った。それも昨日のNHKの放送が引き金となっている。

昨日インパール作戦のことがNHKで報道された。インパール作戦では親戚が戦死している。
文献では職業軍人であるその人は学徒出陣の軍人に自分は職業軍人だが君は生きて帰れと言う意味ことを述べたと言う話だ。
昨日のNHKの特集で無意味なインパール作戦の事が伝えられた。人づてにひどいことは理解していたが・・・・。

そこで父から聞いた、戦争が如何に理不尽、無意味であるかの話を伝えたい。

そこは北千島ホロムシル島での事

空襲警報がなった、多くの兵士が壕から見上げる中、一機の大型の飛行機が上空を飛行していた。
迎撃の陸軍隼が飛び上がっていった。

画像



大型機は隼に向かって、翼を振った何回も。
しかし隼は無抵抗の大型機を攻撃し、大型機はついに撃墜された。
兵士達は手をたたいて喜んだ。
腑に落ちないことがあった。どうして大型機は反撃しなかったのか。と、

その疑問は間もなく解消された。
何と撃墜されたのは海軍の大型機だったという話が伝わってきたのだった。

無念だったろうに海軍の飛行機に搭乗していた人達。
さらに今思うにこの事は正確に遺族に伝わっているのだろうか。
いつも思う私の疑問だ。
      

| | コメント (0)

追悼海軍機搭乗員の皆様  (海軍機が陸軍の隼に撃墜された 徴兵された父の話)

私の父は徴兵された。父から聞いたホロムシル島での話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話は2017年8月にブログに投稿した記事です。しかし8月になるとこの話を思い出すのです。きっと正確には遺族関係者には伝わっていないのだろうと。撃墜された搭乗員はきっと悔しい思いで亡くなっているのだろうと。誰かが伝えなければならないとの思いで。この度再度投稿します。以下の文章は2017年8月の投稿記事そのままです、年表記と記事は当時のままです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和17年私の父は徴兵された。
行き先は。ホロムシル島だった、しかし本当の目的地はアリューシャン列島だった。

画像



ホロムシル島【幌筵島(ぱらむしるとう、ほろむしろとう)は、千島列島の北東部にある島。波羅茂知島(ぱらもしるとう)と表記されることもある。ロシア名はパラムシル島 】

となりの島では8月18日にソ連の武力攻撃により戦闘が行われた占守島(シムシュ島)、日本軍は武装解除をしていたが軍装を整えソ連軍との戦闘が行われた島である。

画像




話を元に戻す

画像



ところがアリューシャン列島のアッツ島が米軍によって占領されることによって。
北千島ホロムシル島に赴いたままだった。父の所属は陸軍工兵隊 要塞建築隊であった。

父は、徴兵されることにより人生観が変わったとよく言っていた。
神も仏もない・・・よく言っていた。

兵隊の頃の話を、私に伝えてくれた。理不尽な話が多かった。
この事についても多くの話があるが後日としたい

明治生まれの父が、年齢的には兵隊の限界を過ぎている人間が突然赤紙で徴兵されたのだから。
人生観が変わるのも当然のことであると感じている。

いずれ父のことは記録として書かなければならないと思いつつ今日まで来ている。その一部を敗戦の月の8月だから伝えようと思った。それも昨日のNHKの放送が引き金となっている。

昨日インパール作戦のことがNHKで報道された。インパール作戦では親戚が戦死している。
文献では職業軍人であるその人は学徒出陣の軍人に自分は職業軍人だが君は生きて帰れと言う意味ことを述べたと言う話だ。
昨日のNHKの特集で無意味なインパール作戦の事が伝えられた。人づてにひどいことは理解していたが・・・・。

そこで父から聞いた、戦争が如何に理不尽、無意味であるかの話を伝えたい。

そこは北千島ホロムシル島での事

空襲警報がなった、多くの兵士が壕から見上げる中、一機の大型の飛行機が上空を飛行していた。
迎撃の陸軍隼が飛び上がっていった。

画像



大型機は隼に向かって、翼を振った何回も。
しかし隼は無抵抗の大型機を攻撃し、大型機はついに撃墜された。
兵士達は手をたたいて喜んだ。
腑に落ちないことがあった。どうして大型機は反撃しなかったのか。と、

その疑問は間もなく解消された。
何と撃墜されたのは海軍の大型機だったという話が伝わってきたのだった。

無念だったろうに海軍の飛行機に搭乗していた人達。
さらに今思うにこの事は正確に遺族に伝わっているのだろうか。
いつも思う私の疑問だ。
      

| | コメント (0)

追悼海軍機搭乗員の皆様  (海軍機が陸軍の隼に撃墜された 徴兵された父の話)

私の父は徴兵された。父から聞いたホロムシル島での話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話は2017年8月にブログに投稿した記事です。しかし8月になるとこの話を思い出すのです。きっと正確には遺族関係者には伝わっていないのだろうと。撃墜された搭乗員はきっと悔しい思いで亡くなっているのだろうと。誰かが伝えなければならないとの思いで。この度再度投稿します。以下の文章は2017年8月の投稿記事そのままです、年表記と記事は当時のままです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和17年私の父は徴兵された。
行き先は。ホロムシル島だった、しかし本当の目的地はアリューシャン列島だった。

画像



ホロムシル島【幌筵島(ぱらむしるとう、ほろむしろとう)は、千島列島の北東部にある島。波羅茂知島(ぱらもしるとう)と表記されることもある。ロシア名はパラムシル島 】

となりの島では8月18日にソ連の武力攻撃により戦闘が行われた占守島(シムシュ島)、日本軍は武装解除をしていたが軍装を整えソ連軍との戦闘が行われた島である。

画像




話を元に戻す

画像



ところがアリューシャン列島のアッツ島が米軍によって占領されることによって。
北千島ホロムシル島に赴いたままだった。父の所属は陸軍工兵隊 要塞建築隊であった。

父は、徴兵されることにより人生観が変わったとよく言っていた。
神も仏もない・・・よく言っていた。

兵隊の頃の話を、私に伝えてくれた。理不尽な話が多かった。
この事についても多くの話があるが後日としたい

明治生まれの父が、年齢的には兵隊の限界を過ぎている人間が突然赤紙で徴兵されたのだから。
人生観が変わるのも当然のことであると感じている。

いずれ父のことは記録として書かなければならないと思いつつ今日まで来ている。その一部を敗戦の月の8月だから伝えようと思った。それも昨日のNHKの放送が引き金となっている。

昨日インパール作戦のことがNHKで報道された。インパール作戦では親戚が戦死している。
文献では職業軍人であるその人は学徒出陣の軍人に自分は職業軍人だが君は生きて帰れと言う意味ことを述べたと言う話だ。
昨日のNHKの特集で無意味なインパール作戦の事が伝えられた。人づてにひどいことは理解していたが・・・・。

そこで父から聞いた、戦争が如何に理不尽、無意味であるかの話を伝えたい。

そこは北千島ホロムシル島での事

空襲警報がなった、多くの兵士が壕から見上げる中、一機の大型の飛行機が上空を飛行していた。
迎撃の陸軍隼が飛び上がっていった。

画像



大型機は隼に向かって、翼を振った何回も。
しかし隼は無抵抗の大型機を攻撃し、大型機はついに撃墜された。
兵士達は手をたたいて喜んだ。
腑に落ちないことがあった。どうして大型機は反撃しなかったのか。と、

その疑問は間もなく解消された。
何と撃墜されたのは海軍の大型機だったという話が伝わってきたのだった。

無念だったろうに海軍の飛行機に搭乗していた人達。
さらに今思うにこの事は正確に遺族に伝わっているのだろうか。
いつも思う私の疑問だ。
      

| | コメント (0)

追悼海軍機搭乗員の皆様  (海軍機が陸軍の隼に撃墜された 徴兵された父の話)

私の父は徴兵された。父から聞いたホロムシル島での話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話は2017年8月にブログに投稿した記事です。しかし8月になるとこの話を思い出すのです。きっと正確には遺族関係者には伝わっていないのだろうと。撃墜された搭乗員はきっと悔しい思いで亡くなっているのだろうと。誰かが伝えなければならないとの思いで。この度再度投稿します。以下の文章は2017年8月の投稿記事そのままです、年表記と記事は当時のままです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和17年私の父は徴兵された。
行き先は。ホロムシル島だった、しかし本当の目的地はアリューシャン列島だった。

画像



ホロムシル島【幌筵島(ぱらむしるとう、ほろむしろとう)は、千島列島の北東部にある島。波羅茂知島(ぱらもしるとう)と表記されることもある。ロシア名はパラムシル島 】

となりの島では8月18日にソ連の武力攻撃により戦闘が行われた占守島(シムシュ島)、日本軍は武装解除をしていたが軍装を整えソ連軍との戦闘が行われた島である。

画像




話を元に戻す

画像



ところがアリューシャン列島のアッツ島が米軍によって占領されることによって。
北千島ホロムシル島に赴いたままだった。父の所属は陸軍工兵隊 要塞建築隊であった。

父は、徴兵されることにより人生観が変わったとよく言っていた。
神も仏もない・・・よく言っていた。

兵隊の頃の話を、私に伝えてくれた。理不尽な話が多かった。
この事についても多くの話があるが後日としたい

明治生まれの父が、年齢的には兵隊の限界を過ぎている人間が突然赤紙で徴兵されたのだから。
人生観が変わるのも当然のことであると感じている。

いずれ父のことは記録として書かなければならないと思いつつ今日まで来ている。その一部を敗戦の月の8月だから伝えようと思った。それも昨日のNHKの放送が引き金となっている。

昨日インパール作戦のことがNHKで報道された。インパール作戦では親戚が戦死している。
文献では職業軍人であるその人は学徒出陣の軍人に自分は職業軍人だが君は生きて帰れと言う意味ことを述べたと言う話だ。
昨日のNHKの特集で無意味なインパール作戦の事が伝えられた。人づてにひどいことは理解していたが・・・・。

そこで父から聞いた、戦争が如何に理不尽、無意味であるかの話を伝えたい。

そこは北千島ホロムシル島での事

空襲警報がなった、多くの兵士が壕から見上げる中、一機の大型の飛行機が上空を飛行していた。
迎撃の陸軍隼が飛び上がっていった。

画像



大型機は隼に向かって、翼を振った何回も。
しかし隼は無抵抗の大型機を攻撃し、大型機はついに撃墜された。
兵士達は手をたたいて喜んだ。
腑に落ちないことがあった。どうして大型機は反撃しなかったのか。と、

その疑問は間もなく解消された。
何と撃墜されたのは海軍の大型機だったという話が伝わってきたのだった。

無念だったろうに海軍の飛行機に搭乗していた人達。
さらに今思うにこの事は正確に遺族に伝わっているのだろうか。
いつも思う私の疑問だ。
      

| | コメント (0)

2022年7月31日 (日)

道の駅 国の補助制度について

道の駅 国の補助制度について

 私は質問の中で 「内閣府を含め7省庁29の支援メニューがあり国でも「道の駅」を支援しています。」と述べました。道の駅の支援は下記PDFを開いて下さい詳しい内容が紹介されています。

ダウンロード - e59084e79c81e5ba81e381aee3808ce98193e381aee9a785e3808de694afe68fb4e383a1e3838be383a5e383bcsupport.pdf

 

見開きの写真です

Photo_20220731214901

いわみざわ市議会だより(No132)が配布されました。私の一般質問と市長答弁が掲載されています。
 これには、再質問再々質問は記載されていません。
 しかし、市長答弁の「地域振興や交流機能として必要な施策は何か、また、その手法ごとのメリット・デメリットや費用対効果なども含めて判断していくものであり、市としても、このような観点から引き続き様々な検討を行っていく。」この答弁については既に私のブログ上で多々述べていることです。
 市長はメリットがないから考えようとはしていない。という結論であると捉えています。答弁の全体の文脈から考える必要があると私は考えます。

 今までも述べていますが「道の駅」はメリット・デメリットだけで考えるものでしょうか。本当に道の駅は利益にならないのでしょうか。私はトータルに考えるならば岩見沢市に大きな利益をもたらすと考えるのです。

皆さんの考えはいかがでしょうか。重要な問題と私は捉えております、是非皆さんの意見を実現したいと考えております。

| | コメント (0)

«岩見沢にも道の駅を!